キリスト教葬儀の流れや内容

キリスト教葬儀を互助会の会館や葬儀社の式場、公営斎場などセレモニーホールで行いたいときの手順や流れ。牧師に依頼して司式をしていただくときの手配業者。キリスト教葬儀の葬儀社選びや費用相場。

 

キリスト教信仰者お見送りのメインとなるコストは、牧師やピアノ奏者への御礼、施設利用金額、墓石などになります。

 

葬儀社は、ご遺体の運搬から斎場の準備、追悼の計らいまで全部担当します。

 

喪主の方は、追悼の全部を取り仕切り、費用を用意するという負担のかかる仕事があります。

 

 

キリスト教葬儀の一般的な流れ

 

キリスト者葬式援助センターの葬儀は、奉仕者が隣人愛の精神で行います。

 

まずはキリスト教信仰者葬礼援助受付にご一報ください。

 

死亡した老人ホームに車にて運びに出発します。

 

続いて、ご遺族の皆様で棺に納めることをします。

 

葬儀式場に移り、亡き人をお見送りします。

 

牧師が参列者をお導きします。

 

亡き人の生前の生活に感謝しつつ、祈祷をする時を持ちます。

 

奉仕者が好適なバイブルの言葉をメッセージします。

 

召された方を荼毘に付し、想い出を分かち合います。

 

 

キリスト教葬儀での告別と追悼

 

キリスト教葬式援助センターの1日での葬儀は、食卓を囲む機会を持ちます。

 

家庭での告別式は、通夜の祈りと葬送の式をします。

 

きちんとした生花を飾って、近親者と故人様を追悼します。

 

宗教者はご遺族に寄り添い葬儀式場に同行します。

 

一般的な葬送は会社の上司や友朋をご案内します。

 

キリスト者のお見送りで聖書を語る神父の紹介だけでも対応します。

 

近所の葬式会場に言入れしているが、司会者は安心できるパスターに任せたいという喪主様に。

キリスト教葬儀記事一覧

キリスト教葬儀の式次第は葬儀社が作成。キリスト教葬祭の重要な費用は、司祭やピアノ奏者へのお礼、設備活用値段、納骨堂ということになります。葬祭屋は、遺体の運送から火葬場の用意、葬礼の配列まで全部行います。聖職者がご家族をお導きします。召された方の歩みに感謝しながら、祈りを捧げるようにします。奉仕者が的確な聖典のみ言葉を取り次ぎます。故人を見届けて、想い出を分かち合います。キリスト教信仰者メモリアル礼...